2019年11月19日火曜日

THE BODY

衣服の発明が育んだ迷宮に
私は殉教する

それはシュレディンガーの果実
愛は印刷する事が出来ない癖に
裏腹な言葉を必要とする
アルファベットで活版された
心があるとされる場所に

十万回以上話された言葉は死ぬ
亡霊になって月へと向かう
だけどすぐに還ってくる
重力に抗うこともできずに
柔らかな砂の丘
蟻になってそこへ沈む

身体
それはシュレディンガーの果実
象徴化した愛は地獄
恋という名の緊縛演技
「君がほしい」はメタファーではない
物神、肉の寄せ集め




2019年7月10日水曜日

梅雨前線

夢をあきらめないでをフィナーレに
ちょっと泳いでしまおうかなって
平日の午後の水道橋
けれどまたイヤホンを忘れて
湿った街を歩いている

梅雨前線 いつになったら
縦に並んだ曇りのマーク
知らない間にひび割れた
タイムラインに指がつかえて

御茶ノ水まで歩いて来てた
弾かれないギター
知らないオフィス
富士そばでもう飲んじゃうか
幸せになんて今すぐになれる

梅雨前線 どこまで行けば
縦に並んだ曇りのマーク
本当は濡れていたいのに
折り畳み傘は持っている




2019年4月1日月曜日

価値の国

「ずっと光を探してきました」
そう言って彼は目を閉じる
机の上にはよく磨かれた
古い裸のナイフが一本

小さい頃は多分人より
地面と遊んでいたと思う
死んだ蛹を手のひらで
いつまでもずっと暖めた

捨ててきなさいと言われた猫の
目で見る世界は気まずくて
空があることも忘れてしまう
こんなに長く生きてきたのに
鼻で笑って終わりなんてな

「ずっと光を探してきました」
そう言って彼は目を閉じる
瞼の裏の顔を見た
ナイフに映った自分を見た

世界が平らになってから
数字ばかりの毎日です
二つに一つの点滅で
価値のない血にされていく

捨ててきなさいと言われた猫の
目で見る世界は気まずくて
歩けない昼が増えていく
本当は少し話したかった
どこの誰かと聞かれる前に

「ずっと光を愛してきました」
そう言って彼は目を開けた
ナイフは既にどこかへ消えて
初めて彼と目が合った





2019年2月21日木曜日

新世界 (解決はしません)

新しい場所へ来たみたい
そんな気分で歩いていた
鼻から抜けるクラフトビール
いつかのままの夜の風と
湿った空気

深呼吸して
本当は憶えていたかった
ディオールの薄いリップ
800円の柔軟剤の匂い

新しい場所へ来たみたい
そんな気分で騙している
言葉は心を超えないらしい
外せない他人のブラジャー

深呼吸して
本当は傷なんてもう無いよ
解決はしません
イメージの星と東京を
歩いていく



2019年1月14日月曜日

邪魔者

松林を抜けて
真っ暗な海
水平線と
波の音

あなたさえいなければと
想うわたしさえいなければ

最終電車の
見知らぬ街
灯の向うで
海はひとり

あなたさえいなければと
想うわたしさえいなければ
終わらない音楽と
美しい孤独



2018年10月24日水曜日

最近調子はどうなのそっちは
風物詩になる僕らの会話
年に一度はこうして逢おうね
なんて言わなくたって
当たり前みたいに

そういえばの日々が
輝いていた訳じゃない
照らされていたことに
気付かなかっただけ

あの日と今で変わったこと
未来が少しすり減って
笑顔の意味が重たくなった
あの日と今も変わらないのは

戻りたい日々や場所が
どこかにある訳じゃない
毎日は出逢えない
僕らになっただけ

あの日と今で変わったこと
風は凪いで街は消える
田舎の夜は暗すぎるから
話をしよう、今夜もう少し

「おごらせて今日もごめん
沢山持って帰ってくるよ」
「楽しみにしてるその時は
飲みに行くよお前とまた」




2018年10月17日水曜日

いつもの朝

見知らぬ天井で目を覚ます
なんてことない
いつもの部屋

知らない間に降った雨
知らない間に行った人

寝起きのタバコが昨日を繋ぐ
なんてことない
いつもの日々

夢のシーンはなぜ悲しい
あの日とおんなじ顔、顔

葬式で聴いたメロディーは
好きで聴いてたあのピアノ
部屋のどこかに多分ある
ほこりをかぶったアルバムの

見知らぬ天井で目を覚ます
なんてことない
いつもの朝